TOP > 技能実習にやってくる外国人は中国人が多い

技能実習にやってくる外国人は中国人が多い

日本に技能実習にやってくる外国人の国籍の割合は中国人が多くを占めています。

当然ですが、中国は世界一の人口を誇り、日本にも東京を中心に多くの中国人が暮らしています。

外国人技能実習生の役立つ情報をお探しの方にお勧めです。

日本全体の人口の外国人の割合でも中国人はトップを誇っています。

また、中国は日本の海を跨いで隣の国であり、距離もそれほど遠くありません日本経済や日本社会も中国からの影響を良くも悪くも現在進行形で強く受けています。

では何故中国人は日本に技能実習を受けに来るかは理由があります。
それは中国に仕事が少なくなっている状況だからです。



一時期の経済成長から一転して、不況に陥っている中国では仕事が少なくなっています。

また地方からも多くの中国人の出稼ぎ労働者達が中国都市部まで働きにやって来ます。

少ない仕事を多くの中国人がこぞって奪い合う現状では到底仕事にありつける可能性は少なくなり、仕事で得られるはずの賃金や技術が得られることはありません。

そうした事情から日本政府と中国政府が協力して、仕事のない中国人達を人手が足りない地域に派遣して、技能実習という形で働いてもらうというアイデアが生まれました。



技能実習といってもしっかりと給料は出ますし、休みもあります。

外国人であるがゆえに日本語をある程度覚える必要がありますが、一人だけでなく一つの地域に数名の外国人が派遣されるので、同じ境遇の仲間もいます。


中国の人口・経済・日中間の関係が入り交じった中でこうした技能実習に中国人が参加しています。